しぃ庵*こうへい唄筆

帰るところがお前にゃあると 背中を押して勇気をくれた

2022.1.8 人生、歌がある







流氷子守ぃぃぃ~子守歌ぁー
まずは全力で歌いまして、と(微笑)


曲順不同をおゆるしくだされ m(_ _)m


「丘は花ざかり」
似合う似合わないなどとあたしが判断するのはおこがましいが
現代の歌手の中でも福田こうへいが似合うんだろうな藤山一郎さまのような歌声には
やっぱ
この時代の歌い方って独特で
簡単に聞こえるけど実は難しいし
歌詞だってけっこうストレートだし
ただ聞きたおして歌ってるんじゃなくちゃんと大切に当時を再現できる
そこに当てはめて歌える歌手って
なかなか稀有なのだとあたしは思う


青い山脈
あら
青いジャケットで青い山脈だわ
あぁフルコーラスしっかり聞いたのあたし初めてかもしれない
すごいなこの歌詞
真っ直ぐすぎてびっくりしちゃう
乗り越えようとする意気が胸に刺さり
花々や希望の色までもが目の前に広がり
想像でしかないけれどその光景にこころが熱くなった


『今夜のどうだ!』
どうだ!ってゆーか
門松アレンジのお花の間に
スンッと座ってる赤いこうへいが
なんか縁起物の達磨(だるま)みたいだよ
かわいいな♪
百合と薔薇の香りすごいだろうね
とか
ベージュの金魚草めずらしいよね
とか



しぃ家の百合も満開近し
f:id:ceee5195ceee:20220118190555j:plain



「一番マグロの謳」
前回が今回がなどとあたしが言うのはおこがましいが
今回は前奏も三味線もフル!
お歌もフル!
立ちたい歌なんだよね
だいたい正座して見聞させていただくが
「一番マグロの謳」は立ちたい
歌じゃなく謳だから


〽釣れば天国 釣らぬは地獄
0か100なんだ
生きていれば直面するよねそうゆう時
どっちかしかない時ってある
中間もない
どっち寄りとかじゃない
こぶしのキレも声色も
彼ご本人も山野楽器の動画配信で語られてたように
コッテコテガリガリバリバリ
その魅力には酔いしれるばかり


衣裳の色は後付けだとしても
この赤はきっと
歌の血気の赤
青ならば荒海だと思ってしまうあたしだからあくまでも後付けとしてだけど


そーいえばJOY SOUND の配信では
実際にマグロ船に乗ったからこその心持ちの入れようであるお話をしてたっけ
それにしたってこの気迫はヤバい
なんかさ
歌そのものが生命体をもって
福田こうへいの中から出てきてない?
それが
不思議ではないって感じるのは
まぎれもなく
この歌の強さと
福田こうへいの強さなんだ
             ( ̄^ ̄)ノ🐟











👇こんなブログも書いてます
しぃ庵*わたしの染筆
しぃ庵*ししむら情筆


↓ホームページはこちら
https://tj7wq.crayonsite.com/