しぃ庵*こうへい唄筆

夢の途中じゃまだ帰れない 待っていてくれもう少し






ことのほか壮大で「力強い母の歌」
尺八も三味線もふんだんに入ってて
その他の楽器もたくさん使われていて
これらが
どんどんどんどん強まる音のパワーをも
しかと抱え込む歌声が強く届き
母性さながらこの身を包んでくれる①


アコーディオンの波に乗り一緒に歌ってる
海鳥のような精妙できめ細かい声
〽カキはおいしく なるという
ほら、海鳥だよ
絆の種類がまたひと味ちがう兄弟愛から
母へ向ける愛が
無骨でかっこよくて②


歌に入る前のインプロっつーのかな
〽あぁぁ~ああぁ~あー ってやつでさ
初っぱなからワクワクするね♪
「ころころ木琴」と「ころころこぶし」
なんか
2番から3番への間奏とかかわいいし
かわいいくせに
ザ・永六輔の詞がじんわりと効いてくる
それにしてもコーラスは
チームKの方々なのかしら?なんて
思ったりなんかしちゃったりしてみて③


その③がチュルルルルルリンって終わって
4秒間の静まりの次には
一転してブルージーってすごくない?
楽器にぬるりと溶けてく声が
甘くて深くてセクシーでゾクッとするよ♡
・・・なんかさぁ
霧雨の宵なんかに聞いたら最高だろうな
いつ聞いても最高だけどね④


『ギターが泣く』とはこのことか、と
調べとともに声が重なり
声を追いかけ調べが重なり
あぁでも
〽指で割く
演奏が無くなるとこも好きだし
あぁでもでも
弦楽器がこれでもかって泣いてゆく
2番から3番への間奏も好きなんだよな⑤


笛が吹雪を連れてくる
楽器の種類はそれなりにあるのだけど
ズンチャズンチャがメインで
音の数が少なめだから
声がはっきりビンビン伝わる歌は
このタイトルの物語を
まんが日本昔ばなしみたいにさ
語って聞かせていただいてるような⑥


来たぞ、来た来たぁー!的な
任侠エリアに移行する⑦からは
巻き舌もゴリゴリに
光景が浮かんでくるのもさることながら
なるほど
〽見せてあげたい
見せてあげたい相手は母であったのかって
今さらながらに気づく⑧
いづれも共通しているのは
繰り返す歌詞(譚歌)の部分があって
呼んでくだせぇ 呼んでくだせぇ
月も雲間で 月も雲間で
縞の合羽に 縞の合羽に


人の情けを 人の情けを
義理が負い目の 義理が負い目の
行くが俺らの 行くが俺らの

ちょっともぉこれ見事中の見事じゃんか
ちょっともぉ
これだけでワイン1本飲めるよね
重めの赤ね


唯一の“母の立場ソング”
⑦⑧からだとなおさら
女性像をかもす声色に聞こえ
せりふさえも歌舞伎の女形チック
あ、これも繰り返す歌詞あるんだね
こっちの繰り返しはなんだか
お胸に手を当ててギュッと思いをはせる⑨


まずもってこれをあたしは
“娘から母への歌”って考えてたから
本家である美幸さまの柔らかい声を
すっかりイメージしておりますれば
なんと
福田こうへいが歌うバージョンのそれは
〽あなたの笑顔
 あなたの言葉
 あなたの背中

ハイキーの聞かせどころも際立ちまくり
守る、いや、護る声に温かさを感じる⑩


今回
この1枚の中では最長の5分47秒
幾三ワールドのドラマ参上である
言葉の運び方には
どこか尾崎豊の「シェリー」をおぼえ
ゆ~らゆらとワルツに誘われながらも
優しく涙をうながしてもくれる⑪


幾三ワールドがつながって最終曲
季節は正に今
毛穴から入ってくる「サ行」
白髪はあたしのほうが多いけれど
なっんて切ない
どうにも切なくなる
あからさまに切なくある美学ゆえ
福田こうへい
福田こうへい
ちょー難しい曲節を
歌を歌として歌って仕上げる美技⑫



f:id:ceee5195ceee:20201118163557j:plain



と、切らせず一気に通して聞く

母さん
おふくろ
おふくろさん
母ちゃん
母さ
おっ母さん
お母ちゃん
かあさん


聞く側は
年代や、立場や、いる場所も、様々なれど
あたくしとしては
ドライアイも忘れる勢いで
目が魂が熱くうるおう「母」
ヘッドフォンで聞けばすぐそこに
スピーカー近くで聞けば臨場を増し
少し遠くで聞けば声の豊かさ良さに酔い
殺風景なこの部屋に
さもしい自分の心に
染み入るセラピーアルバムだ


ジャケットは
ターキーレッドの夕焼けに黒スーツ
柄はレオパードかしらね
うん
3様の表情もとても素敵で
楽曲タイトル字はほんのりにじみ
十二の雪あかりになって彼を照らす


このたびの
アルバム「母」のリリース
まことにおめでとう申します
             (*^ー^)ノ🍷












↓しぃのホームページはこちらをタッチ
↓スライドショーも更新したよ♪
https://tj7wq.crayonsite.com/