しぃ庵*こうへい唄筆

笠に一輪竜胆挿して 赤い夕陽に背を向ける

2020.3.10 BS演歌の花道スペシャル



「女の港」
青森に住まう時分はカラオケで歌ったなぁ
ちょっとモノマネ入れてさ
さらには
恥ずかしげもなく
「ひばりの佐渡情話」も歌いたくなるのね
船村徹さまだしね
船が佐渡に行くからね
そりゃスゴいわよ
ぐだぐだになっても全力で歌いきるわ( ̄▽ ̄)ノ🎤


それからは
石狩挽歌
あの娘が泣いてる波止場
兄弟船
酔歌
北の螢 って続く演歌の花道
まぁ偶然にも
福田こうへいがカバーしている楽曲が勢ぞろい
いかにも
時代時代を彩る名曲をカバーしてるんだなぁと
改めて思い知らされたりもして


「南部蝉しぐれ
パッチワークのデニムかわいいな♥
なんか
なに着ても南部蝉しぐれは南部蝉しぐれだけど
スーツや着物ではないそれは等身大(がち普段着)で
それにマイク持ってないから
本当に外でフワッと歌ってるみたいだよね
〽負けて泣くより 勝って泣け
目を閉じて詞を込める
〽あれをご覧よ 真っ赤な夕陽
あたしの手よりあきらかに小さい手
それなのに
「あれをご覧よ」は、やっぱり熱く力強く
等身大とて歌に対する姿勢はいつも変わらずあるね


「あゝ上野駅
泣く歌だ
人は泣きながら聞くし
歌う時も人は泣く
それでも歌いつがれるし聞き続けているのは
この歌の中に愛と希望が
いっぱい込められているからだとあたしは思う
〽ホームの時計を 見つめていたら
 母の笑顔に なってきた

こうへいの表情と声にそれをあたしは思う


おぉ、男船だ


「哀愁列車」
なかなか独創的なセットだわ
蛍光灯の色もすごいわ
それにこのスーツの組み合わせが実に
“惚れていながら行く俺”っぽいよな


歌い出しの
〽惚れて が、汽笛だよ
汽笛に聞こえるんじゃなくて汽笛になってる
なんて美しい声なのだろうか
でもマジあるよね
なんか鳥の鳴き声になるとかさ
あと尺八の音色と同調する時もあるしさ
どっちがバイオリン?どっちが声?って時もある
だから汽笛だとしても何ら不思議はないわけだ
ないけれども
やーっっっぱり声が美しい!
〽こらえきれずに 見返れば
極上の、か行・ら行・節回し


ずっと見聞きしてて次々と思い出す
そっか
ビューティーコロシアム
ほんとにあった怖い話もだ
杉本るみサマのお声で


・・・ああ、染みるねぇ      (*´ω`*)🍷








↓しぃのホームページはこちらをタッチ
↓故郷の春・2019スライドショー開催中だよ♪
https://tj7wq.crayonsite.com/